ダンス映像研究会


ダンス映像研究会では、 “姿勢” や “リズミカルな動き” や “他人の注目” を
撮影・編集、DVD制作、ネット公開を通じて、皆様のご要望のお手伝いをさせて頂きます。



撮影・収録 例 



代表: 田中 勉
住所: 兵庫県西宮市上ヶ原十番町5番38号
電話: 090-2283-0598

問合せ




 人は、“健康でありたい”、“美しくありたい”と願っています。
社交ダンスは、姿勢の矯正効果注1、音楽の効果注2、人に見られる効果注3 がある事が知られています。

しかしながら、
    ・ 自分が良い姿勢を保ちながら踊れているのか?
    ・ 音楽を体で感じながらリズミカルに踊れているか?
    ・ 他人に注目されていると意識が持てているか?
は、なかなか客観的に見られません。

 ダンス教室やダンス同好会が主催する演技発表会やダンスパーティでのデモ演技は、他人に注目される事をより強く感じます。この映像・写真を見る事により、姿勢とリズミカルな動きが客観的に観察できます。

 撮影した映像は、DVDに収録して思い出に残すだけでなく、スマホでお友達に見せたり、更に、インターネット動画として公開することで他人に注目されている意識が高まります。

 


注1;
 社交ダンスは良い姿勢を保ちながら行います。姿勢のよい、きりっとした人は傍から見ていても颯爽としていて格好よく見えるものです。
 また、良い姿勢を保つと体の核となる筋肉、いわゆる『コアマッスル』と呼ばれる筋肉の発達がうながされます。
 この筋肉は骨盤の歪みをなくし、体の中心から引き締めます。骨盤の歪みがプロポーションに大きな影響を与えることは良く知られています。
 社交ダンスはスタイルを維持し、姿勢を正してくれます。

注2;
 社交ダンスは音楽を体で感じて踊ります。
 脳は、理論的な思考を行う左脳 と 芸術や感性などの役割を担う右脳を バランスよく使わなければ ストレスがたまり、脳の老化が進んでしまいます。 左脳を休ませて右脳を働かせる事が 必要です。音楽には、右脳を活性化させる力があります。
 音楽を体で感じて踊った動きが相手に伝わります。伝わった動きと自分が感じた音楽との一体感が大きな喜びとなり、左脳が休まり、右脳が活性化されます。

注3;
 踊るということは、その踊りを人に見せるということにつながります。
 社交ダンスにおいて、他人に注目されるという意識を持つことは非常に重要な意味があります。
 常に美しくいようとする気持ちが、自分の心の中から自分を美しくしてくれるのです。
 それに加えて姿勢のよさ、筋肉の張りを得ることによって社交ダンスをしている人は同年齢の人よりも確実に若く見えます。